HTMLのタグに使う、半角の不等号記号「<」「>」を表示する方法と覚え方

HTMLのタグの表記に用いる不等号記号「<」「>」ですが、HTMLではそのまま記述するとタグとして解釈されてしまい、正しく表示できないケースがあります。
もちろん、WordPress等のCMSやブログサービスなどでこれらの記号を書きたい場合も同じです。

たまにしか使用しないと忘れてしまいがちなので、覚え方と一緒に書き残しておきます。

半角の不等号記号「<」「>」を表示する方法

記号と表示させるための記述は以下の通り。

表示する記号 記述する文字列
< &lt;
> &gt;

覚え方

私は次のように覚えました。

  1. これらの記号は、「不等号記号」である
  2. 特殊な記号の表示には、&と;の間に略称の文字列が入る
    • (例:「®」なら「&reg;」、「©」なら「&copy;」、など)
  3. 「<」は「less-than sign」だから「&lt;」、「>」は「greater-than sign」だから「&gt;」

意味ごと覚えてしまえばもう忘れない! かも…