HTML5の要素「footer」の使い方

HTML5で新たに追加された要素footer
今回は、このfooter要素について確認したのでメモ。

<footer>要素の使い方

footer要素は、内容がフッターのまとまりであることを表します。
フッターには、セクションの著作者や著作権の情報、関連ドキュメントへのリンクなどが記載されます。
セクションの最後に配置されることが多いfooter要素ですが、最後に記述しなければならないという決まりはありません。

<footer>要素の記述例

<footer>
  <ul>
     <li>著作権について</li>
     <li>サイトマップ</li>
     <li>お問い合わせ</li>
     <li>トップページ</li>
  </ul>
</footer>

<footer>要素のコンテンツモデル

コンテンツカテゴリー

  • フローコンテンツ
  • パルパブルコンテンツ

含むことができるカテゴリー

  • フロー・コンテンツ
    • ただし、header要素やfooter要素を子孫要素として含めることはできない。