HTML5の要素「article」の使い方

HTML5で新たに追加された要素article
今更にはなりますが、使用方法を再確認したのでメモ。

基本の使い方

サイト・ページ内の、自己完結した構成物を表す。
この部分だけを取り出して配信・再利用しても、内容として成り立つものを指す。

留意すること

  • article要素は、子要素として見出しを含むことが推奨される。
  • article要素の著者情報はaddress要素を用いて指定できる。
  • article要素の発行日時はtime要素のdatetime属性で示すことができる。
  • すべてのページでarticle要素が使用できるとは限らない。
    • 自己完結しない(配信・再利用に適さない)構成物のみで構築されるページもあるため。

入れ子にした場合の解釈

  • article要素を入れ子にした場合、内側の要素は外側の要素に関する記事であることを意味する。
    • つまり、ブログのコメントなどはarticle要素でマークアップした記事部分に対する入れ子のarticle要素として表すことができる。
  • address要素で表したarticle要素の著者情報は、入れ子にされたarticle要素には適用されない。

article要素のコンテンツモデル

コンテンツカテゴリー

  • フロー・コンテンツ
  • セクショニング・コンテンツ
  • パルパブル・コンテンツ

含むことができるカテゴリー

  • フロー・コンテンツ